妊娠中の症状

妊娠中はレントゲンも電気治療も、薬や湿布の使用も極力避けた方が良いといわれています。ですが、身体の痛みやむくみは治まってくれません。 こうした妊娠時の不快な症状の原因の多くは、妊娠に伴う身体の変化や姿勢の変化です。とは言え、その痛みを避けようとするために、身体の他の部分が痛み出したり、産後も痛みが続いたりすることも少なくありません。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 肩こりや腰痛、恥骨、尾骨の痛みがひどい
  • お腹が張って痛い
  • 貧血でめまいがする
  • 足のむくみがひどくて痛む

妊娠中はなるべく薬を避けたいもの。薬の副作用でもし何かあったら大変なので、通常はドクターも処方を避けます。とは言え、妊娠中の腰痛やむくみ、お腹の張りを何ヶ月も我慢するなんて無理。そんな時こそ、副作用の無い鍼灸治療の出番です!最近では鍼灸師のいる産婦人科も少しずつ増えてきましたが、まだ通院先にはいない、という方はお気軽に当院までご相談下さい。

治療法

骨格や姿勢の変化などによる筋肉や筋膜の問題なのか、水や気の巡りの変化に伴う問題なのか、などなど、西洋医学的な観点と東洋医学的な観点の両方から身体を診ていき、適切なアプローチをしていきます。

お腹が大きくなるにつれ起こる腰痛や肩こり、関節のかたさを、マタニティー整体でほぐします。妊娠中の肩こりや腰痛、むくみみは、マタニティー鍼灸で症状を改善していきます。お産を早めるツボ等、妊娠中には注意しないといけないツボもありますが、しっかりとした専門知識をもった施術者が行えば鍼灸治療は安全ですので、お気軽にご相談下さい。