つわり

つわりは、一般的には妊娠5週頃から始まり、胎盤の完成する16週頃には自然に治るといわれています。ですが、人によってはつわりの症状や重症度は大きく異なり、つわりが出産まで続く場合もあります。

原因01

hCGホルモン

つわりの原因は明確にはなっていませんが、妊娠を維持しようとするhCGホルモン(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の影響が指摘されています。

原因02

栄養素の不足など

ビタミンB6などの栄養素の不足や、「いつ終わるのか分からない不安」が余計に症状を悪化させている、とも考えられています。

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 妊娠初期で吐き気や胸焼け、気持ち悪さがひどい
  • 臭いなどに過敏に反応する、気持ち悪くなる
  • つわりのせいで1日に何回も嘔吐する、食べてもすぐ吐く
  • 何か食べてないと気持ち悪い
  • よだれが異常に出て止まらない

嘔吐の繰り返しなどによって脱水症状が進むと、さらに重篤な妊娠悪阻の状態となり、点滴で栄養補給をする必要が出てきます。

妊娠初期は胎児の重要な器官を作る時期でもあるため、胎児の奇形を防ぐ為に、特にこの時期は出来る限り薬の使用は避けた方が良いでしょう。

治療法

鍼灸治療

つわりに対する鍼灸の有効性は米国のNIH(国立衛生研究所)でも認められています。

「つわり」と一口に言ってもその症状や重症度は様々ですが、大きく3つのタイプに分かれます。①元々食が細くて胃腸が弱いタイプ、②スイーツやお菓子、油物が好きで胃腸に負担をかけていたタイプ、③普段からストレスを感じやすいタイプです。こうしたタイプ、症状に合わせて鍼灸治療や日頃のつわり対策法をアドバイスさせて頂き、症状の改善を図っていきます。

特に、唾液過多の症状は、病院では認知度も低く、成す術が無いため、早めに当院までご相談下さい。