生理痛

お腹がキリキリ痛む、下腹部に鈍い痛みがある、腰痛や身体のだるさ、頭痛、イライラや憂うつ…。中には痛み止めを飲んでも効かなかったり、仕事を欠勤しないといけないほど、生活に支障を来している方もいらっしゃいます。

原因01

ホルモン分泌

生理痛の主な原因は、プロスタグランジンと呼ばれる子宮の収縮作用を持つホルモンが過剰に分泌されることだと言われています。

原因02

血行不良など

その他に、冷えやストレス、虚弱体質などで血行が悪いことも大きな要因となります。

原因01

子宮・卵巣の病気

器質性月経困難症は、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気が原因です。年々痛みが強くなったり、若い頃は無かったのに20代を過ぎてから痛み始めたり、血が多くレバーのような血の塊もある場合は病院での検査が必要です。

2種類の生理痛

 

機能性月経困難症 器質性月経困難症
原因 子宮の過収縮、子宮口の狭さ 子宮・卵巣の病気
主な年代 10~20代前半 20代後半~
痛みの時期 月経1~2日目 月経期間中ずっと、月経時以外(排便や性行時など)も

治療法

鍼灸治療

鍼灸治療によって血行を良くすることで、生理痛はその場で大幅に痛みを軽減できることがよくあります。

また、痛み止め薬のように対処療法として行うのではなく、体質改善として取組むことで、実際に生理痛の症状をかなり改善させられることが期待できます。