よくある質問

 

Q. 本当に効果はありますか?

はい、効果には個人差がありますが、物理的な変化は理論上必ず起きます。化粧品やハンドエステとは異なり、実際に鍼という異物を刺してお肌に僅かな傷をつけるので、免疫反応や自己修復反応が生まれるからです。

詳しくは、美容鍼だから出せる5つの効果をご覧ください>

 

Q. 痛くないですか?

無痛ではありませんが、耐えられないような痛みでも全くありません。痛みに敏感な方や、お顔の筋肉が凝っていたり、老廃物が溜まっていたり、皮膚が乾燥していたりするような箇所では多少の痛みを伴うことがあります。ですが、鍼が痛くて施術を途中で止められた方はこれまで一人もいませんし、逆に鍼が気持ち良くて途中でウトウトされる方もかなりいらっしゃいます。

痛みが少ない理由としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 美容鍼で使う鍼は、0.1mm程度と髪の毛ぐらいの細さで柔らかく、先端が丸みを帯びている
  2. 刺す際に「鍼管」と呼ばれる筒を使うため、皮フを通過する瞬間の刺激感を減らせる
  3. 美容鍼の第一人者の下でも学び、日々研鑽している腕のある鍼灸師である

詳しくは、実際の患者様の声をご覧ください>

 

Q. 安全ですか?

はい、安全です。施術を行うのは、十分な医学的知識と技術を積んだ鍼灸師の国家資格者ですし、使用する鍼も衛生的な国産の使い捨て鍼だからです。

 

Q. 血は出ますか?

ほとんど出ませんが、わずかに出血することはたまにあります。ですが、大量に出血するようなことは一切ありませんのでご安心ください。また、東洋医学的には、こうした血は「瘀血/おけつ(滞った血)」と考えられており、お肌の状態が良くなるにつれ出血も減ってきます

 

Q. 痕は残りますか?

いいえ、残りません。ただし、ごく稀にわずかに内出血(青あざ)することはあります。少し青くなったり黄色くなったりする程度で、コンシーラーで隠せるレベルですし、通常は3日~7日すれば自然に消えていきます。

 

Q. 副作用やリスクはありますか?

いいえ、基本的にはありません。鍼には美容整形のような副作用はありません。国産の使い捨て鍼を使用しているため、感染症のリスクもありません。ただ強いて言うならば、毛細血管が集まっている皮フに鍼を刺すという特性上、内出血を100%防ぐことは今のところできません。(内出血については一つ上のQ&Aをご確認ください)

 

Q. 妊娠中や生理中、肌荒れがひどい時でも受けられますか?

はい、受けられます。逆子治療に鍼治療は人気ですし、生理痛を始めとした婦人科疾患も鍼灸は得意としています。鍼で自律神経やホルモンバランスを整えることができるからです。また、肌荒れがひどい時こそ美容鍼でお肌の状態を良くしていくことをお勧めします。

詳しくは、美容鍼だから出せる5つの効果をご覧ください>

 

Q. 電気は痛くないですか? 安全ですか?

刺激感はありますが、痛いという程ではありません。美容鍼の鍼刺激が大丈夫な方であれば、電気の刺激感もまず大丈夫です。最初は多少ピリピリするかもしれませんが、鍼の作用と規則的なパルス電流の影響で副交感神経が優位になり、7~8分も経つとでうたた寝してしまう方もしばしばいらっしゃいます

尚、当院で用いる電気は、医療用の低周波電流治療器を用いており、人体への安全基準をクリアして製造されたものですのでご安心ください。

 

Q. どれぐらいの頻度で通う必要がありますか?

お肌のターンオーバーが約28日周期のため、最初は週1回程度で月3~4回は来て頂き、集中的に肌質改善をされることをお勧めしています。その後は様子を見ながら、10日に1回、月に1回…とメンテナンス期間に入られる方や、旅行や同窓会などのイベントごとの前にご来院される方が多いです。

もちろん副作用がなく健康増進効果も高いため、もっと小まめに来てもらっても構いません。女優肌になってかなり写真映りが違ってきますし、お友だちからも「最近キレイになったね」と言われることが多くなると思いますので!

 

Q. 女性の鍼灸師さんはいますか?

はい、在籍しています。もし女性鍼灸師をご希望の場合は、受付時などにお申し付け下さい。

 

Q. 男でも受けられますか?

はい、受けられます。営業職や人前に出るお仕事の方はもちろん、男の身だしなみの一つとして、綺麗なお肌と引き締まったお顔は重要なポイントです。実際、既に多数の男性の方が当院で美容鍼を受けられていらっしゃいます。