スタッフ BLOG

頭痛を東洋医学の目線で診てみた。

2018年6月23日

前回の記事に引き続き頭痛をテーマとして、今回は東洋医学(鍼灸)で頭痛を治療する場合

沢山の方が悩まされている頭痛を東洋医学ではどのような考え方をしているのかを出来るだけわかりやすく説明します。

興味ございましたら鍼灸を受けてください。

 

 


頭痛の分類


 

 

頭痛には病因(病の原因)が多くあるが、外感内傷に分けることができます。

急に外感と内傷と言われてもわからないと思うので本当に軽く説明します

 

 

 

  • 外感とは

外邪(体外の邪気)が身体の中に侵入することで体内のバランスが崩れてしまい症状として現れること

※外邪は風・暑・湿・燥・寒・火(熱)の6種類ある

 

  • 内傷とは

身体の中で七情(人のもつ感情)が乱れることで体内のバランスが崩れてしまい症状として現れること

※七情は怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7種類ある

 

 

では、外感と内傷に分類されるという事は

頭痛は身体の外か内の影響により引き起こされるものとして東洋医学は考えています。

 

 

 

例えば、こんな経験されたことはございませんか?

  • 冷たい風(今の時期だと冷房の風)に長い時間当たっていたら頭痛が、、、
  • 怒りすぎて頭痛が、、、
  • 思い悩みすぎたり考え込んで頭痛が、、、

 

この経験こそが外感と内傷となります!

 

 

 


外傷性の頭痛→3パターン


 

 

外邪は6種類あると述べましたが、頭痛に関係する外邪は主に

風+他の外邪で痛みが発生いたします。

 

 

 

1、風寒の場合

冷たい風に当たっていると気血の滞ってしまうために起こる

 

2、風熱の場合

暑い風を浴びていると気血が頭に上がりすぎるため起こる

 

3、風湿の場合

梅雨の時期などの重い空気の時に気が体内を巡りにくいために起こる

 

 

 

 


 

内傷性の頭痛→3パターン


 

 

七情では)が主となります。

 

1、の場合

イライラして怒っていることで「頭に血が上る」

→頭に血が多すぎるため起こる

 

2、の場合

思い悩むことが多くて「頭を抱える」

→頭の中の気血がドロドロとしてしまうために起こる

 

3、恐(驚)の場合

恐怖を感じたり驚かされると「血の気が引く」

→気血が足りなくなるために起こる

 

 

 

※外感と内傷の見分け方は

痛みが強く持続する(外感)・痛みがさほど強くはなく時々(内傷)

 


まとめ


 

 

東洋医学の考え方で頭痛を診てみましたが、

どうでしょう、思い当たることがあるのではないでしょうか?

 

体外には多くの邪気があり、感情は身体を表すサインです。

皆さんは邪気に勝てるような身体作りをしたりサインに気づいたりしてあげてますか?

 

東洋医学(鍼灸)を受けて力強い身体・精神作りをしていきましょう!!

 

 

ご通読ありがとうございましたm(__)m

 

 

【美容・不妊鍼灸サロン こもの鍼灸院 三重本院】
所在地  三重県三重郡菰野町宿野357 イオンタウン菰野内
診療時間 10:00-13:30 15:30-19:30
休診日  不定休
TEL     059-336-5783
MAIL   komono.hari@gmail.com
URL   http://mie-biyouhari.com

【24時間OKのネット予約はこちらから】
http://onemorehand.jp/komono_hari/

ブログ担当スタッフのご紹介

島のFacebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100008848365327

島のTwitter  https://twitter.com/BskLtotl

生活に支障のある頭痛がある方は鍼灸を受けてみるべし

2018年6月17日

頭痛」 皆さんも一度は悩まされたことはありませんか?

今回は何種類かある頭痛の西洋医学的な見分け方と僕は◯と◯が関係してるのでは?について書きます!

 

 

こんにちは!

大阪に行ったり、手羽先サミットに出たりで沢山の先生にお会いして改めて分かったことあり、

やっぱり鍼灸治療を通して相手の笑顔が見れることが一番の幸せだと気づきました。

鍼灸師の方はそう思っている方が多いと思いますが、、、人それぞれですね。

 

 

 

では、話を戻しましょう。

 


頭痛には一次性二次性がある。


 

 

 

 

一次性緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛の3種類あり、どれも繰り返し起こることを特徴としています。

二次性→脳出血・脳腫瘍などの別の病気が原因となって起こることが特徴です。

二次性の頭痛が起きた場合は一刻も早く病院への搬送が必要です。

 

 

 

鍼灸が適応となるのは一次性の頭痛

現代の多くの人を悩ませているのも一次性である事が多いです。

 

 


  • 一次性の頭痛
    • 緊張型頭痛
    • 片頭痛
    • 群発性頭痛

 

 

 

  • 緊張型頭痛

診断の基準

30分~7日続き、後頭部~全体にかけて非拍動性の締め付けられるような痛みで

基本は両側に起こることが多い。

悪心・嘔吐はなく、まれに光過敏・音過敏のどちらかがある。

 

どうして痛くなるのか

顎関節の動きが悪くなっている

精神的なストレス

長時間同じ姿勢が原因 

 

 

 

 

  • 片頭痛

前兆

閃輝暗点(キラキラした光が見える)

半身の脱力や感覚障害(しびれ感)

言語障害

 

診断の基準

4~72時間続き、こめかみ~側頭部にかけて拍動性の痛みで

ほとんどは片側に起こることが多い。

悪心・嘔吐を伴い、光過敏や音過敏などと感覚過敏になる。

 

どうして痛くなるのか

現在の医学では完全に解明されていないが「三叉神経説」が有力で、女性は「月経」が原因?とされている。

 

 

 

 

 

  • 群発性頭痛

<診断基準>

15~180分間続き、眼の周囲~前頭部・側頭部にかけて激しい痛みで

睡眠中や夜間に起こりやすく、数週間~数ヶ月は群発する。

 

※発作時で同側に目の充血や感涙・鼻閉や鼻漏・眼瞼浮腫・顔面の発汗・縮瞳や眼瞼下垂が伴っているのも特徴

 

どうして痛くなるのか

これもまだ完全に解明されていませんが「気圧説」と「男性ホルモン説」が関係あるのではないかとされている

 

 

 

 

多くの方が悩んでいる頭痛はどれかに当てはまると思います。

 


 

そんな頭痛の対処として皆さんは何をしていますか?


 

 

いつ来るかわからない痛みに怯える生活のため、頭痛薬を常備していませんか?

根本の治療をしなきゃ治らないことはわかってはいるけど、、、

という方はまず鍼灸を受けてみるべきだと僕は思います。

 

 

 

 

どこの病院・マッサージなどを受けても満足する結果が得られなかった方が鍼灸院に来院されることが比較的に多いのですが

鍼灸を約3ヶ月受けると頭の痛みと頻度が少なくなることが多いです。

 

 

 

 

では、僕が鍼灸師といて治療していくなら


 

どういう場所に治療をしていくのか?


 

 

頭に鍼を打つこともありますけど、根本的な治療にはならないことがあるので

耳と目の治療はすることが多いです。

 

 

 

昔はこんなにも頭痛患者様が多くなかったのに

なぜ、今では日本に約4000万人も頭痛で苦しんでいる方がいるのか?

僕はテレビやパソコンなどの電子機器で耳や目が疲れて、頭が凝り固まり

頭痛を引き起こすのではと考えています。

 

 

実際、今も通っている患者様に耳と目の治療をメインで治療したところ

痛みが軽減したり、頭痛の頻度が下がることが多くありました。

 

 

 

もし、ご自身が本気で頭痛の無い生活を送りたいのであれば

鍼灸を受けてみることを僕はお勧めいたします。

 

 

 

ご通読ありがとうございましたm(__)m

 

【美容・不妊鍼灸サロン こもの鍼灸院 三重本院】
所在地  三重県三重郡菰野町宿野357 イオンタウン菰野内
診療時間 10:00-13:30 15:30-19:30
休診日  不定休
TEL     059-336-5783
MAIL   komono.hari@gmail.com
URL   http://mie-biyouhari.com

【24時間OKのネット予約はこちらから】
http://onemorehand.jp/komono_hari/

ブログ担当スタッフのご紹介

島のFacebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100008848365327

島のTwitter  https://twitter.com/BskLtotl