次は湯あみの島の温泉のおはなし。。。

2017年11月18日

毎週土曜日に更新!!!(目標)

こんにちは(*^^*)

 

 

まさか、3記事に分けるとは思ってもなかった(笑)

 

そんな今回は湯あみの島の温泉の話なんですが、、、

写真はありません

そりゃ、もちろんありません。(撮影禁止って書かれてますし)

温泉で写真なんか撮ってたら、つまみ出されますから(笑)

 

なので、写真なしで伝えていきます(女湯はWEB情報)

伝えきれる気がしない(笑)

いや、頑張る!頑張れ、島!

 

 

男湯 ~黒部峡谷の湯~

秘境と呼ばれる富山県の「黒部峡谷」

黒部川が後立山連峰と立山連峰の間に峡谷を作り上げていて

これを再現するために日本の各地から自然岩を運んできました。

 

湯殿の湯(内湯)

黒部峡谷を景観を一望することができます

 

川見の湯

ここには屋根があり、天然の木が使われているので

温泉から立ち上がる湯気により木がいい香りを出しています

 

山上の湯

山のいただきをイメージして作られていて自然の中にいるような感覚になり

心身ともに落ち着きます

 

うたせ湯

露天となるので自然を見ながら受けることができます

銭湯に行くと室内に入っているorそこまで開放感があるわけではないので

僕個人としては良かったなと思います

 

屏風谷の湯

峡谷にいるかのように思わせるために作られた空間

(僕はそんなこととは知らずに浸かってました)

 

大岩の湯 源泉かけ流し100%

重量535トン(想像できない)の巨岩があり

ロッククライミングできるんじゃないかと思うくらいの

 

ざわ・・・ざわ・・・

   圧倒的存在感

          ざわ・・・ざわ・・・

 

この時、地震が起きて岩崩れたら死ぬな~とか思ってました(笑)

 

 

女湯 ~奥入瀬渓流~

東北を代表とする青森県の「奥入瀬渓流」

美しく流れる水が魅力的で自然の美を表現して作られたそうです

 

川の湯(内湯)

室内から見られるライトを浴びた木々たちが見られるようになっており

季節によって楽しめるようになっています

 

流れの湯

ここでも日本各地の自然の石を使われていて

女湯で一番広い露天風呂となっております

 

渓谷の湯

渓流を流れる音を聞きながら温泉に浸かれ

今の時期ですと紅葉が綺麗なのでおすすめです

そして音を聞いているとリラックスするのか寝そうになります

 

滝つぼの湯 源泉かけ流し100%

ここの露天風呂は名前の通り滝つぼをイメージして

作られたらしいのですが、色んな形の岩を絶妙に配置してあるらしいです

僕にはわからないので女性の方は確かめてみてください

 

滝上の湯

「滝つぼの湯」の上に位置して、秘湯気分を味わうことができます

 

滝見の足湯

男湯にはない足湯

自然岩ではなく木々に囲まれているので、森林浴気分で足湯に浸かれます

 

絹の湯(シルクバス)

ミクロの気泡により乳白色で心地よい刺激が感じられて

それにより肌の新陳代謝を上げ、湯上りには絹のような肌を実感…..してもらえるはず

 

 ざわ・・・ざわ・・・

   しっとりとした肌

          ざわ・・・ざわ・・・

 

しっとりするかの保証は致しませんのでお願いいたします。

 

 

湯あみの島の温泉について

源泉温度・・・約60度  
湧出量・・・1日1万トン
特徴・・・アルカリ性単純温泉(緩和性低張高温泉)でph8.5
     刺激が少ない体にやさしい成分の柔らかく気持ちがよいお湯

 

効果・効能 
慢性関節リウマチ、結合織炎、疲労回復、神経痛、
筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、冷え性 etc.

 

 

 

どうでしたか?皆さん想像出来ましたか?

女湯に関しては僕も想像して書きましたm(__)m

 

湯あみの島って一日中いられるな~

これなら駐車料金の1,000円が入っていても良いや~

と思えましたよ( *´艸`)

 

皆さんも湯あみの島にリラックスしに行ってみてはいかがでしょうか?

(湯あみの島の回し者みたい)

 

【美容・不妊鍼灸サロン こもの鍼灸院 三重本院】
所在地  三重県三重郡菰野町宿野357 イオンタウン菰野内
診療時間 10:00-13:30 15:30-19:30
休診日  不定休
TEL     059-336-5783
MAIL   komono.hari@gmail.com
URL   http://mie-biyouhari.com

【24時間OKのネット予約はこちらから】
http://onemorehand.jp/komono_hari/